鹿角霊芝なんでもQ&A

1-1 煎じるのが面倒な人にアドバイスを!
1-2 鹿角霊芝はどのくらいの期間、飲みつづけないといけないのでしょうか?
1-3 他の薬草とのブレンドは可能ですか?
1-4 鹿角霊芝を飲み始めるとどんな好転反応がありますか?
1-5 アトピーの子供に飲ませたいのですが・・・
1-6 量はどのくらい使ったらよいのでしょうか。また、2番煎じはできますか?
1-7 手術後ですが、鹿角霊芝を飲んでも大丈夫?

2-1 鹿角霊芝の意外な効用などあれば教えてください。
2-2 煎じたあとの鹿角霊芝の有効利用法はありますか?また、鹿角霊芝は食べることはできないのですか?
2-3 保存上、気をつけることがあれば教えてください。

3-1 鹿角霊芝には正式な名前があるのでしょうか?
3-2 加工品の鹿角霊芝はどうでしょうか?
3-3 天然の鹿角霊芝は存在するのですか?
3-4 普通の霊芝と鹿角霊芝の違いを教えてください。
3-5 鹿角霊芝は水溶性ですか?
3-6 鹿角霊芝は漢方の「鹿茸」と関係があるのですか?
3-7 鹿角霊芝にはいろんなタイプがあるのですか?
3-8 鹿角霊芝の本場はどこですか?

煎じるのが面倒な人にアドバイスを!

現在は、鹿角霊芝のいろんな加工品(錠剤・顆粒・アンプル等)が出回っているようですが、本物の鹿角霊芝を飲むという点で、効率的な消化吸収という点で、そして安全性という点でやはり昔ながらの「煎じ」が最も勝っています。また、「煎じ」の場合、ご本人様だけでなく、ご家族の皆様も一緒に飲むこともできるのが利点です。ご面倒かも知れませんが、より良い結果を得るために、「煎じ」をおすすめします。
 また、「煎じる」というと難しいイメージがありますが、ご家庭で麦茶を作るのと大差ありません。コーヒー用のガラスポットに水を入れて、鹿角霊芝を入れて火にかけて、沸騰したら弱火で20分加熱すればできあがりです。ご健康のためにもどうか実行してください。毎日の「煎じ」がご面倒でしたら2日分をまとめて煎じて、冷蔵庫で保存することも可能です。(煎じ液は必ず2日以内に飲んでください)(参考:鹿角霊芝の分量・煎じ方
 それでもどうしても煎じるのが面倒でしたら、鹿角霊芝酒をおすすめします。量はホワイトリカー1.8リットルに対して、鹿角霊芝50gが基本。お好みで氷砂糖を加え、2〜3か月ほどで飲むことができます。毎日「おちょこ」一杯くらいが適量です。しかし、鹿角霊芝酒の場合、なにぶんアルコールですから、体が弱っている方や胃腸を患っておられる方にはおすすめできません。あくまで現在健康な方のための薬草酒です。

鹿角霊芝はどのくらいの期間、飲み続けないといけないのでしょうか

決められた期間というものは全くありません。ご納得のいかれるまで、と申し上げておきます。ご体調の変化を目安にして、期間を決められたらいかがでしょうか。

他の薬草とのブレンドは可能ですか?

可能です。他の薬草とブレンドして煎じるのは可能です。また、麦茶やウーロン茶とブレンドすることもできます。いろいろ工夫して自家製健康茶を作るのも良いでしょう。

鹿角霊芝を飲み始めるとどんな好転反応がありますか?

好転反応(=めんげん)は、鹿角霊芝のみならず、多くの漢方生薬、健康食品を飲み(食べ)はじめると起こる現象です。何故このようなことが起きるのかということは科学的には解明されていないようですが、事実、好転反応はあります。好転反応は人によって違い、一概に説明することはできませんが、経験上、飲み始めたその日から2〜3日は、のぼせや頭痛、下痢、眠気などが見られました。
鹿角霊芝の場合、ほかの民間薬、漢方生薬に比べて好転反応が早く起き、早く治まるのが特徴です。

アトピーの子供に飲ませたいのですが・・・

アトピーなど、アレルギーのお子さまにはおすすめです。子供なので苦い鹿角霊芝は飲みにくいと思いますが、最初は煎じ液を薄くして、慣れさせてから徐々に濃くしてください。ハチミツや砂糖を加えるのは、糖分がアトピーを悪くすることがありますので、避けてください。鹿角霊芝だけでも、じゅうぶんお子さまは飲むことができます。

量はどのくらい使ったらよいのでしょうか。鹿角霊芝の2番煎じはできますか?

霊芝類は中国の本草学でも「上品(じょうほん)」に位置付けられ、どれだけ飲んでも副作用が全く無い、とされています。したがいまして、これが適量!というのは無いのですが、飲む方のご体調に合わせて調整したほうが良いでしょう。たとえば、健康維持のために飲まれるのでしたら一日1〜2g、健康が気になる程度なら一日3g、具合が悪いとお感じでしたら一日5g以上といったぐあいです。
鹿角霊芝の2番煎じも有効です。場合によっては3番煎じも有効です。(ただし成分は薄くなります。)煎じ液に味や色がある間は成分があるとお考えください。(参考:鹿角霊芝の分量・煎じ方

手術後ですが、鹿角霊芝を飲んでも良いでしょうか?

全くさしつかえありません。手術後は、早い回復をはかるために、ほとんどの方が健康食品やサプリメントを飲まれているようです。とりわけ鹿角霊芝は人間の免疫力を高めるベータグルカンを多量に含んでいますので、おすすめいたします。

鹿角霊芝の意外な効用などあれば教えてください。

意外な効用になるかどうかはわかりませんが、敢えて一つ言うなら「食の好み」が正常化することがあります。それまで、毎日のように飲んでいた缶コーヒーを嫌うようになった、余計な間食をとらなくなった、自然な味付けを好むようになった、鹿角霊芝を子供に飲ませていたら、いつのまにかジャンクフードを一切食べなくなった、というご感想をよくいただいております。ほかに、何かありましたら、この場を借りてご報告いたします。

鹿角霊芝で「やせる」ことはできますか?

免疫力アップによって、内臓の機能が高まり、その結果、内臓脂肪が減り、適正な体重になろうとする働きが高まります。過度の肥満や痩せは、免疫力アップによって改善されますが、鹿角霊芝はいわゆる「ヤセ薬」ではありません。しかし、飲まれた方のほとんどが、便秘の改善と利尿作用を自覚されますので、そういう意味でも自然と体が引き締まることはあります。

煎じたあとの鹿角霊芝の有効利用法はありますか?また、鹿角霊芝は食べることはできないのですか?

煎じたあとの鹿角霊芝はガーゼにくるんでお風呂に入れることができます。お風呂に入れたあとの鹿角霊芝は、私の場合、最終的には鉢植えの土と混ぜています。なかなか良いようです。
鹿角霊芝は食べることができるか?ということ。・・・食べないほうがいいです。鹿角霊芝の繊維はたいへん固く、消化が悪いです。必ず煎じて飲んでください。

保存上、気をつけることがあれば教えてください。

当店の鹿角霊芝は防腐剤を一切使っていませんので、カビにはご注意ください。保存は必ず冷暗所でおねがいします。梅雨時と夏季は冷蔵庫に入れておくのもいいのですが、冷蔵庫から出してそのままにしておくと露がついて、余計にカビが生え易くなりますのでお気をつけください。もし、カビが生えてしまったら、絶対に使わないでください。
なお、当方からお届けする鹿角霊芝に白い粉がついていることがありますが、それはカビではなく鹿角霊芝の大切な成分が浮き出て結晶化したものです。洗わずにお使いください。

鹿角霊芝には正式な名前があるのでしょうか?

鹿角霊芝はいわゆる霊芝の変異体です。したがって、和名は霊芝と同じ「マンネンタケ」(サルノコシカケ科)です。蛇足ですが、英語では霊芝をGanoderma Lucidumと言いますから、外国の方に説明する場合はDeer Horn Shape Ganoderma Lucidum(鹿の角の形をした霊芝) と書いています。

加工品の鹿角霊芝はどうでしょうか?

錠剤や顆粒、アンプルなどの鹿角霊芝の加工品は多く出回っています。いづれもそれなりの効果はあると思いますので、健康を維持されたい方やお忙しい方には良いと思います。どのような鹿角霊芝をご選択されるかは、お客様次第と言えます。しかし、例えば、インスタントコーヒーはどんなに加工方法が進化してもやはりインスタントコーヒー、本物のコーヒー豆から抽出するコーヒーにはかないません。それと同じように、鹿角霊芝も原物を煎じたほうが、鹿角霊芝本来のパワーを逃がさず効率的に体内に取り込むことができ、なにより、消化吸収という点で、安全性で最も優れた方法です。

天然の鹿角霊芝は存在するのですか?

 鹿角霊芝は霊芝(マンネンタケ)の変異体で、自然界では数十万本に一本しか発生しないといわれ、中国では昔から珍重され皇帝に献上されていました。
では、なぜ、数十万本に一本しか発生しないかというと、その理由は鹿角霊芝の生育条件にあります。鹿角霊芝は菌床の状態、温度、湿度、日照、そして酸素量など極めて微妙な条件下に成長します。この極めて微妙な条件が全て満たされる場所が自然界に存在するかというと、それは著しくゼロに近く、それが数十万本に一本しか発生しない理由です。つまり、天然の鹿角霊芝がどこかの地域に群生している、とか、○○(地名)は天然の鹿角霊芝の宝庫、ということはありえず、天然の鹿角霊芝が存在したとしても極めて少ない量でありましょう。
ちなみに、以前、天然の鹿角霊芝というのを見せていただいたことがありますが、それは、鹿角霊芝ではなく、実際のところ徒長した普通の霊芝でありました。
 鹿角霊芝の栽培には、適した条件を作り出すために、それなりの装置と科学的な知識が必要で、日本においてはじめて栽培法が確立しました。また、鹿角霊芝は基本的に高温多湿下で栽培されますので、栽培技術が優れ、衛生面での管理が徹底した国産の鹿角霊芝をおすすめします。

普通の霊芝と鹿角霊芝の違いを教えてください。

 鹿角霊芝は普通の霊芝の約4倍のベータグルカン量を有しています。
この理由について、現在判明していることを説明いたします。普通の霊芝には傘がありますが、鹿角霊芝には傘がありません。それは、鹿角霊芝が「傘ができるまえの若芽のままで」成長した状態だからです。霊芝のみならず、キノコ類はすべて、傘ができると胞子を放出しはじめますが、それは、既に繁殖期を迎えたことを意味し、生体エネルギーはどんどん減少していきます。例えば、椎茸は傘が大きく開いてしまったものより、傘が小さくしまっている椎茸のほうが、美味で価値が高いことからもおわかりでしょう。
傘をつけずに若芽のままで成長した鹿角霊芝は、繁殖直前の最も生体エネルギーに満ちあふれた状態で、そのまま成長している特殊なキノコで、結果として大量のベータグルカン量が蓄えられているわけです。
よく、鹿角霊芝には傘が無いのはなぜか?というご質問をいただきますが、以上述べましたとおり、鹿角霊芝には傘が無いのではなく、傘をつける前の状態ということをご理解ください。

鹿角霊芝は水溶性ですか?

はい。厳密に言うなら鹿角霊芝の有効成分が水溶性です。水溶性だからこそ「煎じ」が有効なのです。また、アルコール溶性でもあります。

鹿角霊芝は漢方の「鹿茸」と関係があるのですか?

鹿角霊芝は鹿角の形をしたキノコ、「鹿茸(ロクジョウ)」は鹿の幼角、です。名前や形は似ていますが、全く違います。

鹿角霊芝にはいろんなタイプがあるのですか?

鹿角霊芝は栽培条件によって様々な姿に成長します。形では、ストレート型、節型、コブ型、混合型、色は赤黒、茶色、アメ色など、日照や気温の微妙な変化によって、実に様々な形となります。
当店の取り扱う鹿角霊芝は、なるべく自然に近い状態で栽培するために、人工照明ではなく、自然光による栽培を行っていますので、栽培時期によっては形が変化します。常に高品質を維持しており、成分には差がありませんので、ご了解ください。

鹿角霊芝の本場はどこですか?

鹿角霊芝の本場は日本です。霊芝自体のルーツは中国ですが、鹿角霊芝の栽培法は昭和50年代、日本において、日本特有の風土の中で、はじめて確立されたものです。現在は中国や韓国産の鹿角霊芝が出回っていますが、安全性や成分の面でも日本産の鹿角霊芝が、世界的に最も高い評価を得ています。

ページのトップへ戻る